【知育遊び】想像力が育つ☆指先遊び「紙コップ工作」に5歳児が挑戦!

おうち遊び

小学校に入学するまでに、たくさん指先を使った遊びを取り入れようと思っている方いますか?

我が子も決して器用なタイプではないので、なるべく指先を使うような遊びを…と思っています。

以前、紹介したものはこちら。

でも、実際「指先を使った遊び」といっても、ピンとこないという場合もあるのではないでしょうか。

・実際どんな遊びがなの?

先を使った遊び」と検索するとたくさんの情報が出てきて、どれがいいのか分からない。

・いろいろ準備しないといけないのは面倒だし、ハードルが高い。

こんな疑問や悩みをもっている方、必見です!

ぶあ
ぶあ

指先を使った遊びには、ずばり「工作」がおすすめです。

そこで、今日は「指先を使った遊びにつながる工作」を紹介したいと思います。たくさんある「工作」の中でも、今回は「紙コップ」を使ったものを選んでみました。

紙コップさえあれば、かんたんにできるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

遊び① 紙コップで「 ブーメラン」

準備するもの

・紙コップ 2個

・はさみ

・セロハンテープ

・ペンやクレヨン、色えんぴつ など

作り方

① 紙コップを2つ重ねてテープでとめる。

② 紙コップの切る場所にえんぴつで印をつける。(線をかくときりやすい)

③ 紙コップの線の上をはさみで切る。8本切りこみを入れる。

④ 2つ重ねていた紙コップをはなす。

⑤ 紙コップに好きな絵や模様をかく。

好きな模様を描いていきます

⑥ 2つの紙コップの切りとった部分をセロハンテープでとめていく。

2つの紙コップをくっつけます

⑦ 完成! とばして遊ぼう☆

完成!

ポイント

2つの紙コップを重ねて切る場合、少し力が必要になります。むずかしければ、1つずつ8本の線を引いて、その上をはさみで切ってもOK。

模様は何で描いてもいいですが、ペンだと濃く描けるのでブーメランにしたときに色がきれいです。

2つの紙コップをセロハンテープでとめるときは、2重にとめておくと外れにくいです。

遊び② 紙コップで「 おしゃべり人形」

準備するもの

・紙コップ 1個

・はさみ

・セロハンテープ

・ペンやクレヨン、色えんぴつ など

作り方

① 紙コップの左右両側に、はさみで切り込みをいれる。

線を引いてから切ると切りやすいです

② 手足の部分に、はさみで切り込みをいれる。

スカートをはいているバージョン
ズボンをはいているバージョン

③ 髪の毛の部分に、はさみで切り込みをいれる。

この切り込みを折れば、前髪のできあがり!

④ 顔や洋服などを描く。

⑤ 口の裏側(指を置く場所)にセロハンテープをはる。(滑り止めになります)

⑤ 完成! ぱくぱくおしゃべりさせて遊ぼう☆

できばえはおいておいて・・・こんな感じに仕上がります

ポイント

髪の毛を切るときは、細かいので気をつけてください。

手足や髪の毛の切り方は、いろいろ試してみるとおもしろいと思います。

指を置いてパクパクするので、そこにセロハンテープを貼っておくと動かしやすいです。

小さい紙コップもあれば、家族を作って遊ぶこともできます。うちは、男の子と女の子を作っていました。2人で会話させて遊んでいます。ちょっと目が…と思うのは親だけのようで、娘はとても気に入って遊んでいます。

遊び③ 紙コップで「パクパク動物」

準備するもの

・紙コップ 1個

・はさみ

・カッター

・画用紙や折り紙

・ペンやクレヨン、色えんぴつ など

作り方

① 紙コップの底にカッターで切り込みをいれる。

ここが口になります

② 紙コップのまわりに画用紙をつけたり、ペンなどで色をぬったりする。

③ 耳をつけたり、目をかいたりする。

④ ぱくぱく食べるえさをつくる。

⑤ 完成! いろいろなものを食べさせて遊ぼう☆

こんな感じでぱくぱくさせて遊びます

ポイント

カッターを使うので気をつけてください。

口の両側を押すと、口が開くしくみです。

どんな動物をつくるのかによって、紙コップの周りに画用紙や折り紙を貼ったり、色をぬったりしましょう

うちは画用紙を使いましたが、折り紙の方が貼りやすいと思います。また、切って貼るのが大変そうな場合は、クレヨンで色を塗るのが一番簡単!もし、おうちにあれば「オイルクレヨン」は手が汚れないので使いやすいです。

うちは、作り終わったら「作った動物のえさは、何かな?」と考えてえさを作りました。分からないときは一緒に調べれば「学び」にもなりますね。

遊び④ 紙コップ で「ぷかぷかボート」

準備するもの

・紙コップ 1個

・カッター

・はさみ

・セロハンテープ

・ビニールテープ

・油性ペン

作り方

① 紙コップの底の部分に、カッターで一本切り込みをいれる。

② その切り込みから、はさみを入れて、左右に切り込みをいれる。(紙コップのふちの部分だけ残します)

ふちだけ残して切ります

③ 半分に開いた状態で、セロハンテープで固定する。その上から、ビニールテープをつける。

水に浮かべることを考えてビニールテープを貼りました

④ 油性ペンで好きな絵や模様を描く。

外側ではなく、なぜか内側に絵を描く我が子…

⑤ 完成! 水に浮かべて遊ぼう☆

ポイント

カッターを使うので、気をつけてください。

カッターの切り込みからはさみで切るときも、切りにくいかもしれないので様子を見ながら手伝ってあげると○。

ふちは残すので切り取ってしまわないように注意!ただ、万が一切り取ってしまっても、テープではればつくので大丈夫です。

うちはぷかぷかうかせて遊ぶのではなく、なぜか「たこ焼き屋さんごっこ」に進化しました。違った遊び方になってもOK!

遊び⑤ 紙コップ で「おすわり宇宙人」

準備するもの

・紙コップ 1個

・はさみ

・ペンやクレヨン、色えんぴつ など

作り方

① 紙コップにななめに線をかく。紙コップのまわりを一周するように何本も。

② 線の上を、はさみで切る。

こんな感じで、斜めに切っていきます

③ 顔をかいたり、模様をつけたりする。

④ 完成! おすわりさせて遊ぼう☆

上から押すとおすわり。手をはなすと立ち上がります

ポイント

斜めに切るときに線があった方が切りやすい子と、なくても切れる子といると思うので、どちらがいいか試してみてくださいね。

ペコペコする動きが楽しい遊びなので、宇宙人やタコにしてもいいし、模様を描くだけでもいいと思います。我が子は、宇宙人にするといっていたのに、途中から「かざぐるま」になりました。

子どもの想像力で遊びが進化!できばえよりも、工夫を大切にしよう。

はさみやカッターを使う部分は、必ず親がついているようにしましょう。むずかしいようならば、切る部分だけは親がやってもいいと思います。

でも、子どもができそうなことややりたがることは、できるだけ子どもに経験させてあげるといいですね。

自由に発展させて遊ぶ姿をみると、子どもの想像力ってすごいなぁと思います。中には「作っておしまい!」の作品もあるかもしれませんが、それもよし! 親が思い描いていたものとは違ったものになるのも、おもしろいです。「これを作る!」と大人が決めてしまうのではなく、自由に創作活動をさせてあげるといいと思います。それが、「想像力が育つ」ことにつながります。

気に入った遊びは、繰り返して遊んだり、「もっと作りたい!」と工夫し始めたりするでしょう。それが大事!

紙コップは、幼児から小学校低学年くらいまでの室内遊びに大活躍しますよ。他にもいろいろな工作があるので、機会があったらまた紹介したいと思います。

今回は「5歳児でもできるもの」「紙コップだけでできるもの」「かんたんにできるもの」「作業の中で指先をつかうもの」を厳選して5つ紹介しました。どれも簡単にできて指先遊びにもつながるので、やってみてくださいね。

ちなみに、今回紹介した工作は「かがくのとも185号 かみコップでつくろう 福音館書店」を参考に少しアレンジしたものです。こうやって読むだけでなく、実際に作る楽しみもあるので「かがくのとも」おすすめですよ。「かがくのとも」について興味がある方は、こちらもご覧ください。

プロフィール
ぶあ
ぶあ

元小学校教員×チャイルドコーチ
10年以上の小学校教員経験&コーチングを活かした子育てを実践しながら、その経験をもとにコーチング子育て、おうちで使えるコーチング法など、オリジナルメソッドを公開中。
子育ても生き方も、もっともっと自由でいい!まわりの「ものさし」に合わせるのではない、肩の力をぬいた「頑張らない子育て」を実践☆
旅大好きな昭和アナログ世代。結婚して子どもが生まれても、旅人魂は変わらず。夢は「旅するように生きること」。

ぶあをフォローする
おうち遊び
広告
ぶあをフォローする
ぶあ*らいふ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました