子どものパスポート写真って、撮るのが大変!そんな悩みはこれで解決。

うちの娘の初海外は1歳のときでした。

「海外旅行に行く」と決めたら、一番にやることが「パスポート申請」です。パスポートの申請に必要なものは「写真」ですよね。

ぶあ
ぶあ

1歳児の顔写真ってどこで撮るの~!?

さすがに、駅の近くなどにある「スピード写真機」で撮るのは難しいし、パスポート写真のために写真屋さんで撮るのももったいない。「家で撮るのが一番!」ということで、いろいろ試してみました。でも…

ぶあ
ぶあ

1歳児は、じっとしていられない。さらに、後ろに影ができたり、失敗しまくり。

そんなとき見つけたのが、今日紹介する「FreeDPE」です。これで、無事にパスポート写真が撮れました!同じ時期に、海外デビューしたママ友にもおすすめして喜ばれました。

この「FreeDPE」のメリットを今日は紹介していきたいと思います。乳幼児のお子さんだけでなく大人でも使えるので、パスポートを作る予定の方は参考にしてみてくださいね。

初めての海外旅行についてはこちらをご覧ください。

メリット① 使うのは、スマホだけ!

スマホひとつで撮影から、編集、保存ができます。何度、撮りなおしてもOK。コンビニ印刷の場合は、プリンターや印刷用紙の必要もありません。(コンビニに行くのが面倒な方は、自宅での印刷も可能です)

本当に簡単にできます。昭和アナログなわたしでも、簡単にできたので、誰にでもできるはず。むずかしい作業はいっさいありません。

子どもの機嫌いいとき、時間があるとき、いつでもどこでも、スマホさえあればパスポート写真が撮れるって、すごいです。

メリット② スマホにダウンロードする必要なし!

「アプリをダウンロードするのがいや」という人にもおすすめです。ダウンロードせずに「FreeDPE」のサイトから入れば、すぐに使うことができます。

友人は、ダウンロードするアプリを使ってパスポート写真を撮っていたらしいのですが、「FreeDPE、使いやすい!」と言っていました。

メリット③ パスポート写真の規格にぴったり

パスポート写真って、規格が細かいですよね。「頭の上はどのくらい空いていないとダメ」とか「顔の大きさ」とか。自分で撮ろうとすると、どのくらいの大きさにしていいのかよく分からない。

でも、この「FreeDPE」を使えば、撮影する画面上に「顔の場所」「顔の大きさ」が分かるように目印が出てきます。その枠に合わせて撮影するだけでOK!

「せっかく撮ったのに、パスポートセンターで写真の撮りなおしになった」という話を聞きますが、そんな心配はありません。

パスポート写真の場合は、L版サイズの用紙に4枚印刷されます。

メリット④ パスポート以外でも使える

パスポート写真用として紹介していますが、それ以外の証明写真にも対応しています。撮影する前に、何用の写真なのを選ぶことができるので、いろいろな用途で使うことができます。

でも、個人的にはパスポート写真以外だったら、自分で撮って家で印刷してもいいかな~と思ってしまいますが。

ここぞという写真が必要なときには、「FreeDPE」を使うのもありですね。

メリット⑤ たった「230円」でスピード写真と同じ品質

メリット①で書きましたが、自宅で印刷するか、コンビニで印刷するかを選べるようになりました。(以前はコンビニ一択でした)

コンビニ印刷の場合、撮影後、画面の指示に従って、コンビニプリントのユーザー番号を発行しておきます。その番号をコンビニのマルチコピー機で入力すると、簡単に印刷ができます。

有料機能200円+コンビニプリント30円=合計230円

有料機能の料金(200円)は、クレジットカードまたはAmazonPayで支払い可能。ユーザー番号を発行してから、1週間以内にコンビニで印刷する必要があります。

コンビニプリント料は、ファミリーマートかローソンのマルチコピー機で現金で支払います。自宅で印刷する場合は、コンビニプリント料30円はかかりません。

仕上がりは、スピード写真と同品質! お得です。

メリット⑥ 1週間使い放題の有料機能

これ、昔からあったのかな。

ぶあ
ぶあ

あ!思い出した。いくつか写真を撮ってパスポート写真作成したものの中から、一番いいのを選んだっけ。これ、便利でした~。

この有料機能(200円)は、一週間、違うサイズや違う人物でも、何回でもデータ作成が可能です。何度も撮りなおしても、そのたびにデータ作成できるから、あとから選ぶときにも楽ですよ。

すでに子どものパスポート取得済みの友人に、データを送って相談していました。一週間過ぎると、有料機能は使えなくなります。

【撮影のコツ】乳幼児は寝かせて撮るといい!

ぶあ
ぶあ

ぜんぜんじっとしていてくれない!

そんな悩みは、「寝かせて撮る」ことで解決します。無地のシーツの上に寝かせて、上から撮るといいですよ。あと、笑い過ぎているとNGになるので、ちょっとまじめな顔をねらって撮りましょう。

顔にちょっとでも影ができると、パスポート申請のときに「ここ、影があるんだけど」と指摘されます。我が子も、ほんのちょっとの口もとの影を指摘されました。

受付の人
受付の人

これだと、日本では平気かもしれないけど、行った先でいろいろ聞かれたりするかもしれないよ~。

と言われました。

ぶあ
ぶあ

大丈夫で~す

といったら、すんなり通りました。実際、その後パスポート写真をあれこれ聞かれたりすることはありません。というより、幼児の顔ってどんどん変わりますよね。5歳の今でも、1歳のときの写真のパスポートを使っているんだから、指摘しようがないのではないでしょうか。

パスポートの申請で一番チェックが厳しいのが「写真」なのは、間違いないです。せっかく、家でゆっくり何度でも撮りなおしができる「FreeDPE」を使うのであれば、細かいところまでチェックすることをおすすめします。

【まとめ】FreeDPEを使えば、簡単にパスポート写真ができた!

初めてのパスポート写真でしたが、「FreeDPE」を使って簡単に写真ができあがりました。じっとしていられない、座っていられない小さなお子さんには、ぴったりだと思います。

デメリットは思い当たらないのですが、あえていえば無料ではないところ。とはいっても、200円で何度も撮りなおしができて、一番いい写真を選べるので、200円は安い!と感じます。

ただ、お金をかけずに撮りたい方、「パスポートの規格はばっちり」という方は、自分で撮って自分でリサイズ、印刷することをおすすめします。

あっという間に、娘のパスポートも来年期限がきれます。新しいパスポートを作るとき、また「FreeDPE」を使いたいと思っています。

ぶあ
ぶあ

じっと座っていられる年になってるけど、

規格がきびしいパスポート写真。

「FreeDPE」を使った方が絶対に楽!

家で撮影、印刷したら、お金はかからないけれど、「パスポートセンターで規格外と言われたら…」と考えると、わたしは「FreeDPE」を選びます。

もしかしたら、来年のパスポート申請のころまでに、もっといいものが出てくるかもしれませんね。でも、今のところは「FreeDPE」だな。もちろん、大人のパスポート写真や証明写真にも使えるので、よかったら試してみてくださいね。

無料お試しもあります。

デジカメ、スマホの写真で証明写真作成 | FreeDPE
FreeDPE(フリーディーピーイー)のトップページです。スマホで撮影した写真から証明写真が作れます。ファミリーマート、ローソンのマルチコピー機で24時間コンビニプリント
プロフィール
ぶあ
ぶあ

元小学校教員×チャイルドコーチ
10年以上の小学校教員経験&コーチングを活かした子育てを実践しながら、その経験をもとにコーチング子育て、おうちで使えるコーチング法など、オリジナルメソッドを公開中。
子育ても生き方も、もっともっと自由でいい!まわりの「ものさし」に合わせるのではない、肩の力をぬいた「頑張らない子育て」を実践☆
旅大好きな昭和アナログ世代。結婚して子どもが生まれても、旅人魂は変わらず。夢は「旅するように生きること」。

ぶあをフォローする
ぶあをフォローする
ぶあ*らいふ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました