子どものやる気がアップする「お手伝い大作戦」スタートは保育園ごっこから!

保育園

家で過ごす時間、みなさん、いろいろ工夫しているようですね。「すごいな~」というものから、「これなら、うちでもできそう」というものまでありますが、新しいことを始めるのってけっこうエネルギーが必要。

すでに、疲れ切ってしまっているママにとっては、ハードルが高いのではないでしょうか。

わたしもそうでした。新しい遊びやアイデア、いいなぁと思っても、やろうという気持ちにはなれない。それより日々の生活疲れをなんとかしたい!

ぶあ
ぶあ

忙しい時間に限って「ママ」と呼ばれる

家事がなかなか進まない

家の中が散らかってイライラする

家での遊びにも飽きてきた

子どもと24時間一緒の生活、はじめはがんばっていても・・・、ここまで長期化するとそろそろ疲れも出てきますよね。

そんなママにぜひ伝えたい!先週から、我が子と始めた「保育園ごっこ」。子どもが率先して動くようになりました。さらに、自らお手伝いをしてくれるので、家事も楽に~♪

今日は、我が家で始めた「保育園ごっこ」の内容を詳しくお伝えしたいと思います!

保育園や幼稚園によっては、年長さんのお仕事が違う場合もあると思うので、そこはうまくアレンジしてみてくださいね。

【きっかけ】娘が語る「年長さんのお仕事」からヒントを!

「保育園のみんな、どうしているかな?」

娘が、保育園に行きたがっているのは分かっていました。そりゃ、大好きなお友達に会えない&遊べないのは、さみしいはず。

さらに、今年は「年長さん」になる年。保育園の最後の一年でもあります。

「年長さんになったら…♡」と期待でいっぱいだった娘は、年長さんデビューを心待ちにしています。(登園自粛になる前に、体調を崩して休んでいたので、進級式にも出られなかった娘)

そこで、『憧れの「年長さん」って、どんなことをするの?』と聞いてみることにしました。

すると、「係が4つあってね…!」と目をキラキラさせて語り始めました。その内容は、4つのお仕事があるということ。それが年長さんのかっこいいことなんだそう。

そこで、母はひらめきました!

家で「年長さん」の仕事をやってもらおうと。娘に提案すると「やりた~い!」とやる気満々です。

ということで、始まった「保育園ごっこ」。どんな風にやっているのか、細かく説明しますね。

その① 毎朝「今日のお仕事」を紙に書きます!

保育園では「朝の会」があり、そこで、日にちや天気などを確認するとのこと。そこで、毎朝、紙に「日付・曜日・天気」を確認しながら書きます。

その下に、「今日のお仕事」を箇条書きしていきます。これは、娘と相談しながら決めていきます。あくまで、子ども主体で。

例えば、今日のお仕事だと

①かいだんのそうじ

②でんたつ

③みずやり

④おみずをいれる

この4つは、保育園のお仕事です。「でんたつ」係の真相は、娘の説明ではいまいちよく分からなかったので、このお仕事の紙を書くことを仕事にしました。

これだけでもよかったのですが、娘はもっとやりたいというので、保育園以外の仕事を付け加えることにしました。

⑤おかたづけをする

⑥おふろとはみがきを すばやくする

⑦せすじ ぴ~んで ごはんをたべる

⑧ごはんのじゅんびを てつだう

日によって仕事の内容は変わりますが、だいたいこんな感じです。大事なのは、「子どもが自分で決める」ことですね。

片付けなどは「自分で決めたからやらなくちゃ」と思うのか、こちらから声をかけなくても、率先して片づけるようになりました。

ひらがなをちゃんと勉強していないので、すごい字ですが…。

その②「〇〇終わりました!」報告とともに花丸チェック

ひとつの仕事が終わると「〇〇、終わりました!」と報告に来ます。これも、憧れの「年長さん」の姿らしい。

報告があったら、すぐに伝達の紙に「花丸」を付けます。うちは、花丸で満足していますが、ハンコだったりシールだったり、または、お子さんが喜ぶマークを描いてあげるのもいいと思います。

例えば、ごはんだったら、三食ありますよね。「朝・昼・夕」と毎食後に花丸をつけてあげると、子どものやる気も高まります。

片付けも同じ。ひとつの物をきちんと片づけたら、すぐに花丸を!花丸の数が増えていくのも、うれしいようです。

その③ 一日のおわりには親子でふりかえりを…

寝る前には伝達表を見ながら、がんばったことを褒めるようにしています。「これ、すっごく助かったよ。ありがとう」と伝えます。

中には、「これはちょっとできなかったな」と子どもが自分でふりかえる項目があることも。そういうときは、まずは「自分で気づけたこと」を褒めてあげたいですね

実は、「自分で自分の行動を振り返る」というのは、子どもにとってはけっこう難しいことです。できていなくても「できた!」というのが、子ども。

それが、自分の「もう少し」の部分に気づけたというのは、大きな成長です。そこを認めて次につなげることが、大切だと感じています。

【その後】「保育園ごっこ」こんな変化がありました!

保育園ごっこを始めて、まだ一週間。でも、たった一週間でたくさんの変化がありました。

☆自分から動くようになったから、イライラが減った。

☆階段そうじの他に、あちこち拭き掃除してくれるので、家事が楽になった。

☆朝の生活リズムが整った。忙しい時間は、一緒にお仕事タイム。

☆わたしが掃除機をかける時間に、並行して水やり&拭き掃除をしてくれる。家事がはかどるように。

☆役にたっていることが実感できるのか、率先して手伝うようになった。

☆自信をもってチャレンジすることが増えた。(苦手ななわとびも、練習しています)

とにかく、わたしが楽になりました!ただ、5歳児のやることなので、細かいところは目をつぶっています。多少のことは気にしない!やったことにダメ出しはしないようにしています。

【おまけ】どこまで続くか…少しずつ進化させる工夫も必要!

始めてまだ一週間。一応、三日坊主で終わらなかったのはよかった!でも、これが継続でするかどうかは、工夫が必要だと思います。

「始めはこうだったから…」という初志貫徹精神より、臨機応変に対応していくことが大事かな。

実は、「でんたつ」の仕事、初めは「紙に穴をあける」だけでした。それが、一週間で「紙に仕事の内容を書く」まで進化。

これは、親が言ったわけではなく、娘が「自分で書いてみたい」と言い出したので、こうなりました。うちでは、特に文字を教えていないので、見よう見まねで書きうつしています。

ただ、一緒に見ていて、書き順や濁点の場所など、間違っているところを教えるようにしています。(これをきっかけに「ひらがな」の練習を始めました。気になる方はこちらをご覧ください)

子どもが「こうしたい」ということを取り入れると、ステップアップしやすいです。一方で、たとえ昨日より今日の項目が少なくても「それでよし!」とする寛容さも必要だと思います。

親も子どもも「がんばりすぎないこと」!それが、継続の近道のように感じます。

【まとめ】家でできることで「年長さん」意識を育てよう!

楽しみにしていた憧れの「年長さん」。保育園をお休みしていても、できることがあります。妹や弟がいれば、なおさら「年長さん」気分を高める工夫もできそうですね。

頼りにされるとはりきっちゃう年長さんですが、やりたい気持ちはあるけれど、まだまだうまくできないこともたくさんあります。

できないことより、できることに目を向けて、子どもの成長を見守りたいものです。それが、親のストレス解消にもつながると思います。

【ポイント】

無理をしない

ほどほどに

継続できる工夫を

とはいっても、我が家もまだ始めたばかり。これからも、子どものやる気が続くように、工夫しながらやってみようと思います。よかったら、「保育園ごっこ」試してみてくださいね。

欲張らず、ほどほどに!年長さん意識を育てていきましょう。

プロフィール
ぶあ
ぶあ

教育アドバイザー/WEBライター/元小学校教員×チャイルドコーチ
10年以上の小学校教員経験&コーチングを活かした子育てを実践しながら、その経験をもとにコーチング子育て、おうちで使えるコーチング法など、オリジナルメソッドを公開中。現在、フリースクールを構想中!
子育ても生き方も、もっともっと自由でいい!まわりの「ものさし」に合わせるのではない、肩の力をぬいた「頑張らない子育て」を実践☆
旅大好きな昭和アナログ世代。結婚して子どもが生まれても、旅人魂は変わらず。夢は「旅するように生きること」。

ぶあをフォローする
保育園
広告
ぶあをフォローする
ぶあ*らいふ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました