不器用な幼児でも簡単にできる「雨の日工作」 親子ではじめませんか。

おうち遊び

雨は、昔から苦手です。自然にとっては恵の雨であっても、曇り空を見ていると心はどんよりしてしまいます。

さて、そんな雨の日、みなさんはどのように過ごしていますか?

家にいることが多い日々。さらに「雨」となると「もう何をするのかネタ切れだ!」という方もいるのではないでしょうか。

今日は、我が家でやってみた「雨の日遊び」を紹介したいと思います。簡単にできるものばかりなので、もし、まだやっていないものがあれば、試してみてくださいね。

雨の日の過ごし方① 白い紙粘土&絵の具で本格的な「〇〇屋さん」

100円均一で購入できる軽い紙粘土、そして絵の具を用意します。紙粘土は、カラフルなものも売っていますが、何色も買わなくてはならなかったり、一度に使いきれなかったりするので、断然「白」がおすすめです。

そして、これも100円均一で買える「絵の具」。本格的に色を塗るわけではないので、安いもので大丈夫です。

紙粘土に好きな絵の具を少し混ぜて、色をつけます。手は汚れるので、手拭きを用意するか、こまめに手を洗いながら作業しましょう。あとは、色がついた紙粘土で好きな形を作ったら完成!

ただ、好きなものを作るだけでも楽しいのですが、幼児から小学校低学年くらいの子には「〇〇屋さん」とテーマを決めて作るのもおもしろいですよ。

「最近、お寿司食べてないから、お寿司屋さん!」

「かわいいスイーツが売っているお店にしよう!」

とか、子どもと相談しながら作ると、子どものテンションもあがります。そして、出来上がって乾いたあとにも、お店屋さんごっことして使えるので一石二鳥。値段をつけて、買い物ごっこをしてもいいし、お弁当のように箱につけてかざってもいい!

粘土をこねていると、大人も少し癒されます。子どもより夢中に作っているわたし。ぜひ親子で楽しんでみてください。

雨の日の過ごし方② 紙とえんぴつさえあればすぐできる「ジェスチャーゲーム」

我が子が意外とはまったゲーム「ジェスチャーゲーム」

やり方はいろいろあると思いますが、紙に動物やスポーツなどジェスチャーで表現できる単語(お題)を書きます。一枚にひとつ書いていきましょう。書いた紙を裏にして置き、ジェスチャーをする順番を決めます。

ジェスチャーする人は、紙を一枚引き、そこに書かれた単語をジェスチャーで表現します。声を出してはいけません。むずかしい場合は「ヒントは言っていい」など、ルールを工夫してください。

見ているひとは、それが何を表しているのかをあてます。3人以上で行う場合は「あたったら何点」と得点形式にしても楽しいと思います。

順番にジャスチャーをしていき、紙がなくなったら終了!

回数を重ねるごとに、お題もおもしろくなっていくし、ジェスチャーが難しいものも出てくるので、大人も子どもも大笑いできますよ!

雨の日の過ごし方③ 牛乳パックで創意工夫「簡単工作」

牛乳パックを使って、好きなものを作ります。

牛乳パックの四角いまま、手足をつけてロボットにしてもいいし、四角く切ってめんこにしてもいいし(めんこを知らない世代もあるかな…)、開いて白い部分に絵を描いてもいいし。いろいろ好きに工作して遊びます。

うちの子は、白い部分に絵を描いて、スマホにしたり、好きなアニメの変身アイテムにしたり、遊んでいます。本物そっくりなおもちゃのスマホより、自分で作った牛乳パックスマホを愛用する我が子。おもしろいです。

大人の発想は限られていますが、子どもってすごい!

子どもならではの発想が見られるので、びっくりしますよ。

雨の日の過ごし方④ 画用紙と色鉛筆で作る「手作りかるた」

ちょっと丈夫な紙(画用紙)を適当な大きさに切り、絵札と読み札に分けて、かるたを作ります。

50音かるたを作ることもできますが、けっこう大変なので、名前の頭文字で作ったり、思いつく50音を選んで作ったり、はじめは数を減らして挑戦することをおすすめします。

ひらがなを自分で書きたい子は、読み札を書かせてもいいですね。書けない場合には、親が書き、それに合わせた絵を絵札に描かせます。

一度に集中して作れる子とそうでない子がいると思うので、無理しないことが大事!数枚でも作ったもので、遊んでみましょう。遊んではじめて、楽しさが実感できます。

小学生以上になれば、ルールを工夫して遊んでもいいですね。例えば、「後ろを向いてスタンバイする」「手は頭の上で目をつぶる」「読み札を最後まで聞いてからとる」など、いろいろなルールで遊んでみましょう。

かるたとは少し違いますが、すごろく作りも小学生ならはまる子が多いです。かるたもすごろくも、学習したことや興味があることと結び付けてテーマを作ると、レベルアップしておもしろいですよ。

【まとめ】クオリティーはさておき、大事なのは笑顔になること!

子どもの作るものなので、クオリティーは求めてはいけません。不器用でも、少々雑でも、目をつぶりましょう。大事なのは、「楽しく時間を過ごすこと」。

「あぁ、なんて不器用なの!」

「なんで、うまくできないの!」

と親がイライラしてしまっては、子どもも楽しくありません。もちろん、親にとっては、楽しいどころかストレスになってしまいます。

雨の日の憂鬱な気持ちを笑顔で吹き飛ばす!それには、楽しむことが一番!

親が楽しんでいると、なぜか子どもも楽しい気持ちになるといわれています。また、笑顔は免疫力アップにつながるとか。イライラしがちなときこそ、笑顔になれることをしたいですね。親子で楽しい時間を過ごすことができますように!

「無理かな~」と思ったけれど、やってみたら意外とできてしまった「裁縫デビュー」もおすすめです。気になる方はこちらをぜひご覧ください。

プロフィール
ぶあ
ぶあ

元小学校教員×チャイルドコーチ
10年以上の小学校教員経験&コーチングを活かした子育てを実践しながら、その経験をもとにコーチング子育て、おうちで使えるコーチング法など、オリジナルメソッドを公開中。
子育ても生き方も、もっともっと自由でいい!まわりの「ものさし」に合わせるのではない、肩の力をぬいた「頑張らない子育て」を実践☆
旅大好きな昭和アナログ世代。結婚して子どもが生まれても、旅人魂は変わらず。夢は「旅するように生きること」。

ぶあをフォローする
おうち遊び
広告
ぶあをフォローする
ぶあ*らいふ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました