【入学準備】牛乳嫌いを克服する!親子で「おうちクッキング」

保育園

みなさん、牛乳好きですか。わたしは、大好きです。

それなのに、我が娘、牛乳があまり好きではありません。ヨーグルトもチーズも生クリームも大好き。それなのに、牛乳だけは好んで飲もうとしません。

アレルギーはないので、昔から少しずつ飲ませようとしていたものの、なぜか家では牛乳を飲みたがりませんでした。でも、保育園に入り、毎日おやつの時間に牛乳が出ると、それはちゃんと飲んでいる様子。

娘に聞くと「保育園の牛乳はおいしい」というので、保育園と同じメーカーの牛乳を買ったこともありました。でも、結果は一緒。家では、やっぱり飲みたがりません。何が原因なのかは分かりませんが、保育園ではきっとがんばって飲んでいるんだと思います。

牛乳嫌いを克服する「おうちクッキング」しかない!

「保育園で飲んでいるのなら、まぁいいか」と、思っていました。でも、保育園お休み中の今、「そういえば、牛乳ずっと飲んでいなかった!」と気づいてしまった…!

あわてて料理に牛乳を使ってみたり、おやつを工夫してみたり。

でも、ふと思うことが

ぶあ
ぶあ

小学校に入ったら、毎日給食で牛乳が出る!しかも、けっこうな量を飲まないといけない。これは、牛乳を飲む練習をしておいた方がいいのでは!

思い出したんです。小学生で牛乳が苦手な子が多いことを。そして、給食の牛乳に苦労している姿をたくさん見てきました。昭和の学校とは違って、「牛乳を全部飲むまでごちそうさまできない」なんてことはありませんが、それでも飲めるのなら飲めた方がいい。

「これを機に、牛乳嫌いを克服できる方法はないだろうか!」

と思い立ったわけです。急にたくさん飲むなんて無理なこと。

そこで、牛乳を使った「簡単クッキング」を思いつきました。子どもは「自分で作るもの」を特別なものと感じます。「牛乳っておいしい!」と感じてもらうことがファーストステップ!

ということで、牛乳嫌いのうちの娘でも喜んだ「簡単&牛乳嫌いでもペロリと食べてしまうレシピ」を紹介したいと思います。ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

【牛乳嫌い克服レシピ①】 フルーツたっぷりのスムージー

【材料】・好きな冷凍フルーツ お好きな量

    ・はちみつ 少量

    ・牛乳 適量

【作り方】

 ①ミキサーに冷凍フルーツ、牛乳、はちみつを入れる。冷凍フルーツが大きい場合は、事前に小さく切っておく。

 ②ミキサーをスイッチオン。

 ③コップに注いで、完成!

【ポイント】

こんなに簡単にできるもの、ないですね。わざわざ作り方を書くまでもないかと思いましたが。冷凍フルーツを使うのがポイントです。これから暑くなる季節にはぴったり!シャリシャリの触感も楽しめます。

牛乳嫌いな子には、はちみつを少量入れると甘味が加わって、牛乳の特有の匂いが気にならなくなるようです。「このフルーツとこのフルーツの組み合わせはどうだろう?」と、子どもと一緒に「オリジナル・スムージー」を考えるのも楽しいですよ。

【牛乳嫌い克服レシピ②】 ぷるんぷるんの触感☆牛乳プリン

【材料】・牛乳 400㏄

    ・粉ゼラチン 5g

    ・お湯 50㏄

    ・砂糖 大さじ3~3.5

【作り方】

 ①鍋に牛乳250㏄と砂糖を入れ、砂糖が溶けるまで温める。(沸騰しないように注意)

 ②ゼラチンにお湯50㏄を入れてよく溶かす。

 ③①に残りの牛乳150㏄とゼラチンを入れて、よく混ぜる。

 ④③を容器に入れ粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして完成!

【ポイント】

牛乳を大量に使うことができます。ゼラチンをよく溶かすのがポイントです!甘さは好みで調整してみてください。牛乳本来の味がするので、苦手な子は少し甘めに作ってもいいかもしれません。ぷるんぷるんの触感を楽しんでくださいね。

トッピングで、好きなフルーツをのせても〇!うちは、いちごをトッピングして食べていました。ポイントは、冷蔵庫から出したらすぐに食べること。時間がたってしまうと、牛乳の匂いが気になってしまう子がいるかもしれません。冷たいうちに食べましょう!

  

【牛乳嫌い克服レシピ③】 癖になるおいしさ 牛乳くずもち

【材料】・水 150ml

    ・牛乳 30ml

    ・片栗粉 30g

    ・きな粉 適量

    ・黒蜜 適量

【作り方】

 ①鍋に、牛乳、水、片栗粉を入れ、木べらで混ぜ、弱火にかける。

 ②粘りがでるまで混ぜ、粘りが出たら重たくなるまで火にかける。

 ③容器に平らになるようにいれ、冷蔵庫で冷やす。

 ④きな粉をまぶしながらサイコロ状に切り、器にもりつけ、黒蜜をかけて完成!

【ポイント】

牛乳より水の量を増やすことで、食べやすくなります。粘りがでてきたら、弱火でよく混ぜるのがコツ。粘りでてくるとだまになりやすいので、しっかり混ぜましょう!

混ぜるところは、幼児ではちょっと難しいと思います。もし、子どもがやるのであれば、粘りがでる前がおすすめ!

これ、本当においしいです。もっちもちのくずもちになります。牛乳の使う量は少ないですが、牛乳嫌いの子にはこのくらいから始めてもいいのかもしれません。

【おまけ】週に一回、一人コップ1杯の牛乳を!

休校が続いていて、給食におろしている牛乳製造工場も大打撃だというニュースを見ました。でも、「週に一回、家族全員が一人1杯牛乳を飲むことで、給食出荷分を補える」らしいんです。

私は、毎日牛乳を飲んでいますが、それを週に一回、コップ1杯多く飲むだけでいいということになります。そして、普段あまり牛乳を飲まない夫と娘には、1杯分多く飲んでもらう工夫をすればいい!

5月から6月は、牛たちも活発に牛乳を出してくれる時期になるそうです。出てくるものを調整するのはとても難しいこと。「乳房炎」という病気になってしまいそうです。

人間も同じですよね。出産後、乳腺炎を経験されている方も多いのではないでしょうか。「牛乳がたくさんとれるのなら、加工品をどんどん作ればいいのでは?」と思ったりしますが、それはすでに行っているとのこと。

「買い物の際に、牛乳やヨーグルトをふだんよりもう1つ買えば、酪農家の生産を守ることになる」と江藤農林水産大臣も呼びかけを行っています。

ちょっとしたことで、酪農家のみなさんや牛乳製造工場の力にもなれるなら、やってみようと思いませんか。いつもより多く買った牛乳で、今回紹介した「牛乳レシピ」を試してみてくださいね。

2020年10月現在では、この牛乳問題は解消されています。

【まとめ】長期戦で牛乳に慣れよう!めざすは「200ml」

牛乳が苦手な子の多くが、嫌いな理由を「匂い」といいます。ちょっとぬるくなったりすると、さらに匂いを強く感じるようです。

小学生の中には、「家の牛乳は飲めるけど、給食の牛乳は無理」という子もいました。家では、冷蔵庫からだしてすぐ飲む=冷たいまま飲める。

でも、学校ではどうしても配膳の時間があるので、家ほど冷たく飲むことはできません。学校の牛乳だけ苦手な子には、もしかしたら「冷たさ」が関係しているのかもしれません。

そこで、今回の「おうちクッキング」では、そんな牛乳特有の「匂い」を感じさせないレシピを選んでいます。スムージーで冷凍フルーツを使って「冷たさ」を大事にしています。プリンも冷蔵庫から出したらすぐ食べるようにしてみてください。また、くずもちは、きな粉と黒蜜もあるので、それほど牛乳の匂いは感じないはずです。

まずは「牛乳って意外とおいしい」と感じられるように。そして、少しずつ牛乳だけでも飲めるようにしていく。長期戦ですね。うちでは、このクッキングとは別にミロを牛乳多めで作って飲ませています。徐々に、ミロの量を減らしていく作戦です。

そして、最終目標は、給食の牛乳200mlを飲めるようになること!

無理はせずに、自然にそうなっていくといいなぁという感じです。牛乳嫌いの子をもつお母さん、一緒にがんばりましょう!

プロフィール
ぶあ
ぶあ

元小学校教員×チャイルドコーチ
10年以上の小学校教員経験&コーチングを活かした子育てを実践しながら、その経験をもとにコーチング子育て、おうちで使えるコーチング法など、オリジナルメソッドを公開中。
子育ても生き方も、もっともっと自由でいい!まわりの「ものさし」に合わせるのではない、肩の力をぬいた「頑張らない子育て」を実践☆
旅大好きな昭和アナログ世代。結婚して子どもが生まれても、旅人魂は変わらず。夢は「旅するように生きること」。

ぶあをフォローする
保育園
広告
ぶあをフォローする
ぶあ*らいふ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました